文化通信

紙面PDF・モバイル データベースの購入・利用はこちらから

インフォメーション

★第3回文化通信フォーラム「アメリカで独立系書店が元気な理由―文化通信海外視察からの報告」はこちらから

トピックス

ポプラ社、ブックハウスギャラリーで「こどもと本が出会う場所」開催

ポプラ社、ブックハウスギャラリーで「こどもと本が出会う場所」開催

 ポプラ社は7月15日から8月31日まで、東京・千代田区のブックハウスギャラリーで幼児・児童書展示イベント「こどもと本が出会う場所」を開催。初日に絵本作家の角野栄子さんの講演会を開いたのを皮切りに、毎週末にトークショーやワークショップを開催する。  会場は神保町で今年5月にオープンした子どもの…続きを読む

明文堂プランナー、清水大志郎副…

 明文堂プランナーは6月21日、取締役会を開催し、清水大志郎取締役副社長が社長に昇任する新役員体制を…続きを読む

岩波書店『月の満ち欠け』直木賞…

 岩波書店が4月に刊行した佐藤正午『月の満ち欠け』は、同社としては初めて第157回直木賞を受賞したが…続きを読む

消契法専門調査会 高齢者らの消…

 内閣府消費者委員会の消費者契約法専門調査会(座長=京都大学大学院法学研究科・山本敬三教授)は7月1…続きを読む

JPIC、10〜20代に向けた…

 出版文化産業振興財団(JPIC)は7月16日、東京・千代田区のワテラスコモンホールで新事業「JPI…続きを読む

今週の紙面から

●2017年7月24日付(第4329号)

  • 〈夏季特集号〉
    ・高齢者らの消費者被害救済、新規定見送り
    ・都新聞組合、10月からポスティング事業
    ・日販、出版社との在庫連携に着手
    ・道新青年会空知ブロックのこども新聞好評
    ・NYTのネイティブ広告戦略など講演
    ・JPIC、10?20代に向けた新事業を開始
    ・ポプラ社、「こどもと本が出会う場所」開催




工藤グループ
出版物セールスプロモーション・コールセンター・営業マン人材派遣ならブリッジへ